2013年11月21日

宮城県山元町ふれあい産業祭

 yamamoto.jpg

 11月23日(土・祝)に、宮城県山元町で開かれる「山元町ふれあい産業祭」に、美幌町として参加してまいります。
 山元町に美幌町職員1人を派遣している御縁で、ジャガイモなど農産品1トンを販売し、売上金を寄付します。

 山元町は震災で人口の約4%に当たる632人が犠牲になり、全世帯の60%に上る世帯が半壊以上の家屋被害を受けました。現在も多くが仮設住宅での生活を余儀なくされています。

 産業祭は復興の元になる住民の活気、活力をつくり出そうと震災後から始まったイベントで、今年が3回目です。美幌町、美幌観光物産協会、日本甜菜製糖(株)美幌製糖所などから13人と1匹で祭に参加する予定です。
 会場の「復興支援ブース」で町内産のジャガイモ、玉ネギやオリゴ糖、話題の「まるまんま」などを中心に特産品を販売します。

 「ぎゅうたろう」も昨年に続き遠征しますよ^^
posted by ぽっぽ屋 at 12:55| Comment(0) | 日記

2013年11月13日

T-1グランプリ 道東ブロック予選進出!

 CIMG0568.JPG

 美幌観光物産協会のオリジナル酢「ピポロのお酢」を使用した「赤玉ピクルス」が、お漬物日本一決定戦「第4回T-1グランプリ」の1次予選を突破して、道東ブロック予選に進出しました!

 「ピポロのお酢」の原料は、赤玉ねぎ、いちご、黄色いトマト(桃太郎)の3種類で、全て美幌産。美幌観光物産協会が、北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センターの協力を得て研究開発し完成したもので、1本500円で販売。各イベントなどで、レシピを添えて紹介、PRもしています。

 今回、評判の良かった「赤玉ピクルス」は、美幌産の赤玉ねぎと赤玉ねぎのお酢を使用しています。
 赤玉ねぎは、辛みや臭みが少なく水分が多いのが特徴で、サラダなどに使われることが多いです。また、コレステロールの代謝促進、糖尿病や高血圧の予防に効果があるといわれています。
 この赤玉ねぎの栄養や効果に、お酢の効能である、疲労回復、ダイエット効果や老化防止がさらにプラスされて、見た目も美味しくてほんとうに身体によいお漬物になりました。

 17日、釧路市イオンモールの道東ブロック大会へ、協会から5名が出場してきます!
posted by ぽっぽ屋 at 10:12| Comment(0) | 日記

オホーツク観光物産フェアin チ・カ・ホ

札幌市地下歩行空間で、オホーツクのPRを行います!


開催日時 
平成25年11月17日(日)〜19日(火)10:00〜17:00(最終日は10:00〜16:00)
開催場所
札幌駅前通地下歩行空間北大通交差点広場(東側)
大通BISSE(1階)(18日、19日のみ)
主催
北海道オホーツク総合振興局、オホ☆キャラ・プロジェクト実行委員会
事業目的
札幌圏を中心とした道央圏の消費者や観光客等に、オホーツク地域の食と観光の魅
力を発信する
【参加団体】
・物産事業者 美幌町、清里町、小清水町、遠軽町、滝上町、大空町、轄@V生活、樺n域計画
・キャラクター 12団体15キャラクター
紋太(紋別市)、シャリッとさん(斜里町)、でん坊(小清水町)、
ピコロ(滝上町)、そらっきー(大空町)、
つくつくオホーツクん(オホーツクAI推進協議会)、ペッパーちゃん(北見市)、
のんたくん(北見市端野)、ニポネ(網走市)、ぎゅうたろう(美幌町)、
あめまるくん、リーモ、川三(以上遠軽町丸瀬布)、アンジ君(遠軽町白滝)、
チューピット(湧別町)

【イベント内容】
◎ 出発式概要(管内報道機関向けPR事業)
1 日時平成25年11月15日(金) 14:00 〜 14:30
2 場所エコーセンター2000 1階アトリウム広場
3 内容@ 各地域キャラクター紹介
 A オホ☆キャラ・ロゴマーク発表/表彰式
 B 局長激励挨拶
 C 記念撮影会
4 その他終了後、着ぐるみを搬送(15:00〜作業開始)

◎ 観光物産PR展
1 日時平成25年11月17日(日)〜19日(火) 10:00 〜 17:00
※ 最終日(19日)は10:00 〜 16:00
2 場所札幌駅前通地下歩行空間北大通交差点広場(東側)
3 内容@ 参加市町村、事業者による物産販売
A 樺n域計画によるキャラクターグッズ販売
B 観光PRブース(ポスター掲出・パンフレット配布)
◎ ステージイベント
1 日時平成25年11月17日(日)〜19日(火) 10:00 〜 17:00
※ 最終日(19日)は10:00 〜 16:00

美幌町は、「おかず味噌」「まるまんま」「ピポロのお酢」などを販売、PRします!
札幌近郊の皆さん、ぜひお越し下さい!
posted by ぽっぽ屋 at 09:43| Comment(0) | 日記