2012年03月28日

美幌町樹液研究会

 コントラスト.jpg

 オホーツク.jpg

 昨年、美幌町樹液研究会(平野茂夫代表)から新発売した「オホーツクメープルシロップ」は、春の季節の限定商品です。昨年は、製造個数が少ないことから、発売後すぐに売り切れとなってしまった人気の逸品です。

 今年の採取作業が、美幌町豊岡の、同氏所有の40haの山林で始まり、本日は東京のTV取材があり、森田Dが来町。私も同行させていただきました。

 採取.jpg

 原木となるイタヤカエデ、カラコギカエデにドリルで穴を開け、アルミパイプを挿入しビニル菅から流れる樹液をペットボトルで受ける簡単な方法ですが、穴の直径やパイプの突き刺す深度、チューブの長さなど、永年の経験と研究により確立されてきた採取法です。
 
 ペット.jpg

 樹液は、暖かくなるこれからの時期しか採取できません。
 平野さんによれば、まだ昨年の同時期に比べて採取できていないとのこと。
 山の北斜面のほうが樹液が良く出ることがわかってきたそうです。

 豊岡.jpg


 カラマツ林に見慣れた私は、雑木林の林道にテンションも上がりました。
 
 林道を行く.jpg

 林と空.jpg

 


 採取された樹液は、育苗ハウスの熱源である自作ドラム缶ストーブで加熱し濃縮します。
 一石二鳥のストーブですね^^
 
ろか.jpg

 平野さん自作のドラム缶まきストーブ.jpg

   

 約40分の1まで濃縮し、ろ過や最終殺菌作業などを経て、瓶詰めし、出荷となります。
 40リットルの液体がたった1リットルになるのは、とても勿体ない気がしますが、カナダ特産のメープルシロップの甘みに負けない風味があります。
 また、カナダ産に比べて約3倍のカリウムが含有されており、オホーツクのカエデの特製といえます。カリウムは血圧の降圧作用があるとされます。

 発売は5月初旬です。美幌町の新しい特産品「美幌メープルシロップ」是非ご賞味下さい!

 
 
 
 
posted by ぽっぽ屋 at 17:32| Comment(7) | 日記
この記事へのコメント
朝のテレビ番組を拝見しました。
美幌町に子どもの頃、住んでいたので、
とても懐かしいです。美幌小学校に通っていました。今もあるでしょうか?
幼稚園はカトリックの藤幼稚園でした。

シロップは通販もありますか?
教えて下さい。
Posted by mari at 2012年04月27日 16:20
mariさま
 コメントを見逃してしまい申し訳ございません。
 当サイトのネットショップで販売可能です。残り僅かです。
Posted by 物産館ぽっぽ屋 at 2012年05月03日 10:07
今朝、テレビを途中から見ました。家内が教えてくれました。現在、東京町田市在住。両親は美幌におります。もう発売しているのですか?
Posted by 佐川 勉 at 2012年05月05日 16:22
佐川勉さま
4月末より発売しました。大変な反響があり、今年度製造分が、全て売り切れとなってしまいました。誠に申し訳ごさいません。
Posted by 物産館ぽっぽ屋 at 2012年05月07日 01:14
オホーツクメープルを購入希望します。
購入方法など教えてください。
東京在住です。
Posted by 美馬陽子 at 2013年04月24日 14:05
小島義雄の腹筋を見て、お笑い芸人ではなく、本当はアスリートではないだろうかと、思ってしまう今日この頃です。
Posted by 中田ヤスタカ 機材 at 2013年06月14日 10:16
メイプルシロップを採集している現場を子ども達が見学することができますか。そして、購入できますか。
Posted by 北見幼稚園 小林 at 2013年06月18日 18:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: